プロフィール

一般社団法人 小田原プロモーションフォーラム

小田原プロモーションフォーラムは、小田原交流人口の拡大から経済効果の引き上げを叶えるべく、小田原箱根商工会議所、交通機関、メディア、関連企業、旅行会社、各団体、行政とリンクし小田原の英知を集結し小田原の集客を高める企画事業を協力し実施する。従前より、各企業、行政、団体が独自にて集客企画をプロモートし、小田原ブランドの構築を担ってきたが、小田原の観光動員数500万人の現状に危機感を抱き、観光連携による集客増の提案がされてきた。そうした活動を経験したメンバーが結集し、更なる発展型とした小田原を横断する組織が必要と考え、この度、手を取り合い結集しました。小田原全体の観光客数の増こそ今必要なことと感じ、小田原でのお客様のニーズ、利便性を追求し小田原を広い視野で検証することで、宿泊客、日帰り客を増やす策を検証し、協力して企画事業を実施する。 小田原プロモーションを活性化させ交流人口拡大を促すことで経済効果を引上げを実施します。個々の努力を全体で取り組むことにより大きな成果を上げるべく組織運営を実施します。この試みは小田原発の情報配信の具現化でもあり、新たな情報配信の要として、小田原プロモーションフォーラムが起点となり、この取組に共感いただける方々と連携を図り、着実に邁進させていく組織として運営します。

 

 

一般社団法人 田原プロモーションフォーラム

(名称)

     この会は、「小田原プロモーションフォーラム」(以下、「小田プロ」という。)と称する。

(目的)

     小田プロは、小田原集客宣伝に意欲ある観光施設・行政機関・交通機関・関連企業・団体等が相互に 連携しながら、具体的

     な取り組みを展開することにより、小田原の集客力を高めることを目的とする。

(事業)

    小田プロは、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

  • 1)小田原の集客力を高める事業の企画検討と実施
  • 2)小田原の集客力を高める事業への協力
  • 3)情報交換・情報発信・交流活動
  • 4)その他目的達成のために必要な事業

 (会員)

    小田プロの会員は、小田プロの設立目的に賛同する観光施設・行政機関・交通機関・関連企業等・団体の集客担当者等とする。

    小田プロへの入会を希望するものは、会員の推薦を受け、所定事項を記入した入会申込書を提出するものとする。

    小田プロの会員は、事業年度毎に会費を納めなければならない。

 (事業経費)

    小田プロの事業経費は、会費、補助金、その他の収入をもってあてる。

 (会員組織)

     小田プロには、代表理事若干名、会計1名、監査1名を置くものとする。

     小田プロには顧問、相談役を置くことができる。

 (代表理事会)

     代表理事会は、原則として毎月1回開催する。

     代表理事会は、小田プロの会務を総理し、小田プロ事業を検討し会運営管理を行うものとする。

     代表理事任期は2年とし、転勤、移動などの場合は後任を選出し任期を努める。

 (総会)

     総会は全会員をもって構成する。

     総会は、事業計画及び事業報告、その他小田プロの運営に関し重要な事項を議決する。

     総会は、年1回開催する。

     総会の会議は、代表理事会が招集する。 総会の議事は、多数決によるものとする。

     代表理事会は前号に定めるほか、必要に応じて臨時総会を招集することができる。

 (例会)

    小田プロには、小田原の集客力を高める事業の企画事業を行うため、例会を開催する。

  • 例会開催は原則として毎月1回開催する。
  • 事業内容は、会員が提案し、例会で協議し実行する。

 (除名)

    代表理事会にて、小田プロの事業目的にふさわしくない行為があった会員を除名することができる

(会費)

    会費は30,000円とする。

 (事務局)

  小田プロの事務を処理するため事務局を代表理事会に置く。

   250-0055 小田原市板橋858

 

(事業年度)

   小田プロの事業年度は、毎年41日から翌年の331日までとする。

 

 

 

小田プロ会員

小田原箱根商工会議所
FMおだわら
小田原まちづくり応援団
ほっとファイブタウン
合同会社まち元気小田原
ポスト広告
箱根プロモーションフォーラム

 

 

新規会員募集中!

入会申込書 DL
入会をご希望の方は、必要事項を記入いただきメール・FAXにて事務局あて送信ください。
小田原プロモーションフォーラム入会申込書.doc
Microsoft Word 36.5 KB